ビジョン

Safe food for consumers everywhere.
“すべての消費者に安全な食品を届けること”

ミッション

世界中の消費者に安全な食品を届ける上で確かな信頼を築くため食品安全マネジメントシステムの継続的改善を推進すること。

目的

  1. 食品安全のリスクを軽減する
    効果的な食品安全マネジメントシステムの等価性をはかりスキームの収束を行います。
  2. 重複を低減しコスト効率をはかる
    重複監査の低減によりオペレーションの最適化を行うことで、フードシステム全体のコスト効率をはかります。
  3. 技量、力量を開発し、能力を育成する。
    業界全体の食品の安全性を向上し、一貫した効果的なグローバル・フードシステムを構築します。
  4. 知識の交流とネットワーキングの機会を提供する。
    世界中のステークホルダーが協働できる唯一のプラットフォームを提供します。

グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブ(GFSI)について

グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブ(GFSI)は、業界主導のイニシアチブです。ソートリーダーシップとなりながら、食品安全マネジメントの管理を通してフードサプライチェーン全体の安全性を向上するための取り組みです。GFSIでは、小売業や、メーカー、フードサービス業、国際団体、行政、学術機関のほか、食品業界のサービス・プロバイダーなど、世界中のあらゆる業界から集まる食品安全のエキスパート達自身が協力しながら取り組みを推進しています。テクニカル・ワーキング・グループ、ステークホルダー会議、世界会議や地域イベントなどの場を通じ、知識を共有しながら業界全体の食品安全管理の向上を調和的アプローチで実現しています。GFSIの運営は世界的な会員制業界ネットワークであるザ・コンシューマー・グッズ・フォーラム(The Consumer Goods Forum : CGF)により行われています。
詳しくは、ウェブサイトwww.mygfsi.comをご覧ください。

ザ・コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)について

The Consumer Goods Forum(以下、CGF)は、グローバルな消費財流通業界のネットワークです。CGFでは、小売業とメーカーが対等な立場を有し、会員企業がその活動を推進しており、世界中の消費財業界に役立つ実践と標準化の導入を促進しています。世界70か国から400社を超える小売企業、メーカー、サービスプロバイダー、関連企業のCEOや経営者が集まり、会員企業の構成は、消費財流通業界の地理・規模・商品カテゴリー・業態等の各側面における多様性をよく反映しています。会員企業の売上高総額は2.5 兆ユーロに上り、小売企業とメーカーの直接雇用者数は1千万人、さらにバリューチェーン全体における関連雇用者数は推定で9千万人に上ります。CGFは、小売業とメーカーのそれぞれから選出された50名の会員企業の最高経営責任者(CEO)または会長で構成される理事会によって運営されています。詳しくは、ウェブサイトwww.theconsumergoodsforum.comをご覧ください