グローバル・マーケットについて

GFSI グローバル・マーケット・プログラムの背景

グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブ(GFSI)は安全な食品の供給を確保しながら、監査コストと複数の食品安全監査による不必要な重複を減らすことを主目的として2000年に設立されました。
グローバルの関係者達は、HACCPレベルで現存する食品安全スキームをベンチマーキングするための要求事項をまとめ、これらのスキームは審査され承認されました、その結果承認のために申請されたスキームに対し等価がもたらされました。
2008年にGFSIは世界中の先進国と発展途上国の両方にGFSIの食品安全認証スキームを達成するために、多大な挑戦を強いられている多くの食品企業があることを認識しました。これらの小規模および/または発展途中の事業者/生産者は、プログラムから大きな利益を得られるでしょう、プログラムの継続的な改善プロセスを通し、GFSIが承認した食品安全マネジメントスキームを実現できる地点まで発展する助けとなると考えられます。

グローバル・マーケット・プログラムの仕組み

総合的なステップ・バイ・ステップ・プログラムは食品安全マネジメントシステムの継続的改善プロセスを通して、小規模並びに発展途上事業者のその地域での市場参入を促進し、複数の企業間で相互の引き受けを確立を可能にします。ここで言う小規模並びに発展途上事業者とは、その事業者の食品安全マネジメントシステムの成熟度に対するものであり、従業員数や生産量というよりもとりわけHACCP導入に際し困難に面している事業者を意味します。

グローバル・マーケット・プログラム日本語版のダウンロード